[昼キャバで働く同僚]人間関係に不安があるんです!

昼キャバで働く理由TOPは「夜勤務が難しい」

キャバ嬢はナイトワークの花形的存在とも言えますが、その一方で昼キャバで働いている女性も少なくはありません。
なぜお昼にキャバ嬢として働くのか、と感じるかもしれませんが、その理由は夜働くことが難しいからです。

夜キャバは、勤務時間が深夜~明け方に及ぶのが一般的です。
しかし、この時間に働くことができる方は限られているでしょう。
特に家庭がある方にとっては働くのが難しい時間帯であり、稼げるとは言っても無理して働くと家庭との両立が問題になります。

昼キャバなら勤務時間はお昼~夕方頃までで済みます。
夜働く必要がないため、家庭との両立も難しくはありませんし、通常のパート感覚で働けるのが魅力です。
稼ぎについては夜キャバに劣りますが、昼働けるメリットは非常に大きいでしょう。

昼キャバキャストで多いのは主婦・学生

昼キャバと夜キャバはお客さんも異なりますが、お店で働いているキャストも違います。
一般的な昼キャバの場合、働いている人達は主に主婦や学生です。
普段は家庭を持っていたり、大学で勉強したりしている方の多くが働いています。
もちろんフリーターも中にはいますが、主婦や学生が多い点は夜キャバとの大きな違いです。

一方の夜キャバのキャストは、普段会社員をしている方が合間に働いていたり、キャバ嬢一本でやっている方が多くなってます。
当然ながら学生・フリーターもいますが、昼キャバと比較して少なめです。
特に学生の場合、学業との両立が難しいことから、週1~2回勤務という方も少なくはありません。

その性質上、昼キャバは勤務時間がお昼のため、主婦の方にとっては働きやすい環境と言えます。
学業と両立できるなら学生の方にも魅力の多い仕事です。
昼キャバの中にはしがらみが少なく、キャスト同士でコミュニケーションを取りやすいことも利点です。

夜キャバで疲れてしまったキャバ嬢が流れてくる事も

夜キャバから昼キャバへと流れてくるキャバ嬢も中にはいます。
夜キャバは昼キャバよりも「し烈な世界」であり、キャバ嬢同士の競争が激しく、あつれきが生じることも珍しくはありません。
そのような競争に疲れるキャバ嬢も多く、途中で辞めてしまう方も沢山います。
ノルマも気にしなければならず、上手く乗り切れなければ生き残りも難しいのが夜キャバです。

しかし、昼キャバは特に競争が激しいわけでもなく、ゆったりとした空気が流れているお店が多いです。
売上やノルマをさほど気にせずに済むことが、競争に疲れた夜のキャバ嬢が転向する理由にもなっています。

また、夜キャバは夜勤務となるため、体力的に大変な側面もあります。
昼キャバならお昼に働けば良く、体力面でも余裕が出てくるでしょう。
このような理由から昼キャバに流れてくるキャバ嬢もいます。
昼キャバなら生活リズムも整えやすく、健康的に稼ぐことが可能です。