夜キャバとの比較- 2件

[夜キャバと比較]昼キャバのこんなところで苦労するんです!

[夜キャバと比較]昼キャバのこんなところで苦労するんです!

来店数が少ないからバックで稼ぎづらい

夜キャバと昼キャバは同じキャバクラ業ですが、異なっている点が様々あります。
特に大きな違いがお客さんの入りでしょう。
来店数が限られており、インセンティブ(バック)を稼ぎにくいのが最大のネックと言えます。

キャバ嬢の給料は時給とバックで構成されていますが、一般的なバックの中には指名料やボトル料、売上などがあります。
指名料は1回につき数百円~1000円程度が主流で、ボトル料と売上のバックは料金の数%ほどがキャバ嬢に入ります。
夜キャバの場合、お店の売れっ子になると、こうしたバックのみで毎月数十万円~数百万円を稼ぎ出します。

しかし、昼キャバはお客さんが少ないので指名回数も限られており、売上のバックも期待はできません。
ボトル料のバックは期待できますが、お客さんの懐事情などによります。
バックだけで月数十万円・数百万円を稼ぐことは非常に難しいのが実情です。
お店によってはドリンクのバックや同伴バックなどもありますが、これらを合わせても夜キャバほどは稼げないでしょう。

昼キャバを営業しているキャバクラが少ない

また、キャバクラの営業時間は基本的に夜であり、求人に関しても夜キャバが大半を占めています。
その一方で昼営業を行っているキャバクラは数が限られており、地域によってはほとんど見かけることがありません。

東京や神奈川などの都市圏や、大阪などの大都市であれば、昼キャバも少なからず見かけます。
しかし、地方都市に関しては、昼間人口の関係から昼キャバは少ないのが実情です。都市部と地方部では大きな乖離がありますので、もし本気で探すなら都市部で探すことになるでしょう。

また、昼キャバがあったとしても、そのお店がキャバ嬢を募集しているとは限りません。
特にキャバ嬢の在籍数が多いキャバクラに関しては、体験入店すら断っている可能性もあります。
もし気になる昼キャバを見つけた時は、キャバ嬢の募集をしているかなどを一度問い合わせてみると良いでしょう。

昼キャバの探し方には工夫が必要

昼に営業しているキャバクラは限られることから、探し方そのものにも工夫が必要になります。
通常の求人誌ではほとんど見かけませんので、ネットの求人サイトを中心に探したほうが良いでしょう。
求人サイトなら、様々なキャバ嬢の求人を探すことが可能です。

ただし、通常の求人サイトを利用してもキャバ嬢の求人は限られているため、できればナイトワーク専門の求人サイトで探すことをおすすめします。
夜キャバはもちろん、昼キャバの求人も扱っており、一般的な求人サイトより求人数も多めです。
逆に言えば、こうした専門サイトを使わないとなかなか求人は見つからないでしょう。

もし知り合いが昼キャバで働いている場合、お店を紹介してもらったり、紹介会社を利用する手段もあります。
いずれにせよ、自分の希望に合ったお店を見つけることが大切です。

[夜キャバとの違い]どんな人が来る?昼キャバの客層が知りたいんです!

[夜キャバとの違い]どんな人が来る?昼キャバの客層が知りたいんです!

お客さんの7割は同業者や深夜まで働いている人

夜キャバには様々な年齢層のお客さんが訪れますが、その一方で昼キャバも夜とは違った客層の方が訪れます。
特に多く訪れるのは深夜まで働いている方や、ナイトワークの同業者で、これは夜キャバでは見られない特徴です。
昼キャバに来る大半のお客さんがこうした深夜働いている方々になります。

深夜働いている方は、勤務時間の関係から通常の夜キャバに足を運びづらい側面があります。
こうした事情によって昼キャバに訪れ、お酒を飲んだりキャバ嬢とのトークを頼んだりしています。
昼キャバに訪れる方の職種は非常に幅広く、ナイトワークに限らず深夜勤務が大部分を占めています。

同業者が多い点には驚くでしょう。
しかし、同業者でもキャバクラが好きな方が多く、昼キャバで羽を伸ばしたり、のんびりお酒を楽しんだりしています。
夜キャバではまず見られない光景ですし、これが昼キャバの特徴とも言えます。
ただし、お客さんを装ってライバル店のチェックに訪れることも十分に考えられるので注意しましょう。

キャバ嬢という仕事を理解してくれている

昼キャバに訪れるお客さんの多くは、キャバ嬢という仕事に対して一定の理解を示してくれます。
夜キャバにも理解を示すお客さんは来ますが、昼キャバほど多くはありません。

なぜ理解してくれるのかは、やはり客層が影響しているでしょう。
同業者や夜勤しているお客さん達は、ナイトワークの大変さを身をもって知っています。
そのため、昼キャバで働くキャバ嬢に対しても理解を示してくれます。
意外かもしれませんが、夜キャバと比べて紳士的な態度で接してくれるお客さんが多いのも昼キャバの特徴です。
それもキャバ嬢の仕事に理解を示してくれるからこそできることでしょう。

年配のお客さんや観光客も来店

では、昼キャバは同業者や深夜勤務のお客さんしか来ないのかと言うと、実際はそうでもありません。
年配のお客さんはもちろん、地域によっては他県から旅行や観光で訪れているお客さんがお店に立ち寄ります。
夜キャバにも観光客は時々訪れますが、年配のお客さんは比較的少なめです。

昼キャバの客単価が高いと言われる理由には、こうした年配のお客さんや観光客の存在も挙げられます。
年配のお客さんは来店数が少ない場合もありますが、羽振りがよく、1回来店ごとに沢山お金を使っていきます。
また、観光客も羽根を伸ばしにキャバクラへ訪れる場合が多く、年配のお客さんと同様にお店でどんどん注文する傾向があります。

ただし、客層は地域差が影響する点には注意しましょう。
例えばごく一般的な地方都市の場合、観光の合間に昼キャバへ訪れるお客さんは少なめです。
逆に観光地にある昼キャバは観光客が多くなっており、同業者や年配のお客さんが少ない場合もあります。
お店の造り・雰囲気で客層が変わることもあるため、気になる方は体験入店してチェックしてみるのも良いでしょう。

  • 1