昼キャバについて- 3件

[メリットはここ♪]心身ともに健康でいたいなら昼キャバがいいんです!

[メリットはここ♪]心身ともに健康でいたいなら昼キャバがいいんです!

昼間に働くので体への負担が少ない

昼キャバで働くメリットは様々ありますが、特に夜キャバにはないメリットが体への影響です。
一般的な夜キャバは夜間に働くため体への負担が大きく、体調を崩すことも珍しくありません。
体力的に大変な側面もあり、健康的とは言い難いのが実情です。

しかし、昼キャバの勤務時間はお昼ごろからとなるため、夜キャバに比べて体への負担も少ないのが魅力です。
年齢などの関係から体力的に夜勤が厳しい方でも安心して働けるでしょう。
遅くとも夕方には勤務が終わりますので、通常のパート勤務と同じように健康的な生活を送ることが可能です。

昼夜逆転しないので生活リズムも健康的に

また、昼キャバで働けば昼夜逆転することがありません。夜キャバは勤務時間の関係上、どうしても昼夜が逆転しがちで、生活リズムも不健康になることがあります。
これは夜キャバで働くキャバ嬢が抱える問題でもあり、逆にそれができなければ、夜キャバの勤務が難しいことを意味します。

昼キャバはライフワークバランスを取りやすく、生活リズムが乱れることもめったにありません。
昼夜逆転生活をする必要がなくなり、健康面に配慮した生活を送れます。
夜型の方は夜キャバが向いている場合もありますが、それ以外の方は昼キャバのほうが良いと言えるでしょう。

カジュアルでノルマがない店舗が多い

昼キャバはカジュアルなデザインのお店が多く、逆に高級感を意識したお店は少なめです。
お店の雰囲気もアットホームで、居心地の良さも昼キャバならではの魅力になっています。
そのような特徴があるためか、昼キャバではノルマを求められることがほとんどありません。
一部のお店はノルマを設けてありますが、夜キャバと比べてノルマの目標自体も低くて済みます。

夜キャバでは、キャバ嬢それぞれが一定のノルマを持っているか、お店から強制される場合があります。
ノルマのために様々な工夫を凝らし、お客さんごとに営業スタイルを変えるのが定番です。
昼キャバならノルマも少なく、自分なりの接客・営業スタイルを確立しやすいというメリットがあります。

ノルマに縛られずに働ける

ノルマを課すお店がほとんど無いため、ノルマに縛られず働けることが昼キャバの強みです。
夜キャバから転向してくる方の中には、厳しいノルマが嫌で転向する方も多いです。
お店により異なるものの、ノルマを気にせずに済むことは様々な利点をもたらします。

例えば、夜キャバと比べてストレスが溜まりにくくなること。
夜キャバのノルマはキャバ嬢にとって強い負担となりますが、昼キャバならこうしたノルマによるストレスから解放され、気持ちに余裕を持って働けるようになるでしょう。
昼キャバは自分のペースで働けますので、夜キャバのようなノルマを嫌う方、ストレスなく働きたい方におすすめです。

[昼キャバで働く同僚]人間関係に不安があるんです!

[昼キャバで働く同僚]人間関係に不安があるんです!

昼キャバで働く理由TOPは「夜勤務が難しい」

キャバ嬢はナイトワークの花形的存在とも言えますが、その一方で昼キャバで働いている女性も少なくはありません。
なぜお昼にキャバ嬢として働くのか、と感じるかもしれませんが、その理由は夜働くことが難しいからです。

夜キャバは、勤務時間が深夜~明け方に及ぶのが一般的です。
しかし、この時間に働くことができる方は限られているでしょう。
特に家庭がある方にとっては働くのが難しい時間帯であり、稼げるとは言っても無理して働くと家庭との両立が問題になります。

昼キャバなら勤務時間はお昼~夕方頃までで済みます。
夜働く必要がないため、家庭との両立も難しくはありませんし、通常のパート感覚で働けるのが魅力です。
稼ぎについては夜キャバに劣りますが、昼働けるメリットは非常に大きいでしょう。

昼キャバキャストで多いのは主婦・学生

昼キャバと夜キャバはお客さんも異なりますが、お店で働いているキャストも違います。
一般的な昼キャバの場合、働いている人達は主に主婦や学生です。
普段は家庭を持っていたり、大学で勉強したりしている方の多くが働いています。
もちろんフリーターも中にはいますが、主婦や学生が多い点は夜キャバとの大きな違いです。

一方の夜キャバのキャストは、普段会社員をしている方が合間に働いていたり、キャバ嬢一本でやっている方が多くなってます。
当然ながら学生・フリーターもいますが、昼キャバと比較して少なめです。
特に学生の場合、学業との両立が難しいことから、週1~2回勤務という方も少なくはありません。

その性質上、昼キャバは勤務時間がお昼のため、主婦の方にとっては働きやすい環境と言えます。
学業と両立できるなら学生の方にも魅力の多い仕事です。
昼キャバの中にはしがらみが少なく、キャスト同士でコミュニケーションを取りやすいことも利点です。

夜キャバで疲れてしまったキャバ嬢が流れてくる事も

夜キャバから昼キャバへと流れてくるキャバ嬢も中にはいます。
夜キャバは昼キャバよりも「し烈な世界」であり、キャバ嬢同士の競争が激しく、あつれきが生じることも珍しくはありません。
そのような競争に疲れるキャバ嬢も多く、途中で辞めてしまう方も沢山います。
ノルマも気にしなければならず、上手く乗り切れなければ生き残りも難しいのが夜キャバです。

しかし、昼キャバは特に競争が激しいわけでもなく、ゆったりとした空気が流れているお店が多いです。
売上やノルマをさほど気にせずに済むことが、競争に疲れた夜のキャバ嬢が転向する理由にもなっています。

また、夜キャバは夜勤務となるため、体力的に大変な側面もあります。
昼キャバならお昼に働けば良く、体力面でも余裕が出てくるでしょう。
このような理由から昼キャバに流れてくるキャバ嬢もいます。
昼キャバなら生活リズムも整えやすく、健康的に稼ぐことが可能です。

[少しでも稼ぎたい]普通のパートだと家計が苦しいんです!

[少しでも稼ぎたい]普通のパートだと家計が苦しいんです!

昼キャバの平均時給は1500円~2500円

昼キャバはお昼に働けることが魅力です。
仕事自体は夜キャバと同じですので、過去に夜キャバで働いた経験がある方は、その経験を活かすこともできるでしょう。
しかし、夜キャバとは異なり、稼ぎが少なくなる点には注意が必要です。

一般的な昼キャバの時給は1500円から2500円程度。
一方の夜キャバは3000円を超える場合も珍しくはなく、売れっ子キャバ嬢にもなると時給換算で1万円以上、月収ベースで数百万を稼ぎます。
昼と夜では時給に大きな違いがあるため、夜キャバと同じ稼ぎを期待する方は注意しましょう。

パートの仕事よりは稼げる

しかし、昼キャバは時給が低いとは言っても、夜キャバと比べた場合の話です。
一般的なパートと比較した時は話が別であり、同じ時間だけ働いた場合、昼キャバのほうが稼ぎは多くなります。

当然ながら地域による時給の差こそあれど、昼キャバの時給1500円程度に対し、パートは1000円に満たない求人も多いです。
仮に1ヶ月50時間働いた場合、2万5千円も収入に差が生じます。
確かに夜キャバよりは時給も低いですが、通常のパートよりは稼げることは間違いありません。

夜キャバより時給が低くなる理由は「お客さんの入りが悪いから」

昼キャバの時給が夜キャバより低い理由は、お店の売上にあります。
お昼はキャバクラへ来るお客さんが少なく、それに合わせて売上自体も低くなってしまうからです。
やはりお昼からキャバクラへ行くことに抵抗がある方もいますし、働いている方が多いことも理由です。

ただ、昼キャバは夜と違った年代・職業のお客さんが訪れます。
入りが悪いとは言っても、気前の良いお客さんも多いです。
しっかり売上を取れるようになれば、夜キャバ並の時給を目指すことも不可能ではないため、その分やりがいはあると言えます。

客単価自体は比較的高い

昼キャバはお客さんが少ない反面、単価そのものは比較的高くなっています。
人気店にもなれば、昼なのに夜キャバ並の売上を確保できる可能性もあります。
お店によっては1人で沢山お金を使う常連さんもいますので、売上が低いから時給も安い、という考えが成り立たないこともある点に注意が必要です。

少しでも稼ぎたい方はこうした客単価の高いお店を狙ってみると良いでしょう。
客単価が時給に反映されていれば、通常の昼キャバよりも稼ぎが増える場合もあります。

  • 1