[夜キャバと比較]昼キャバのこんなところで苦労するんです!

来店数が少ないからバックで稼ぎづらい

夜キャバと昼キャバは同じキャバクラ業ですが、異なっている点が様々あります。
特に大きな違いがお客さんの入りでしょう。
来店数が限られており、インセンティブ(バック)を稼ぎにくいのが最大のネックと言えます。

キャバ嬢の給料は時給とバックで構成されていますが、一般的なバックの中には指名料やボトル料、売上などがあります。
指名料は1回につき数百円~1000円程度が主流で、ボトル料と売上のバックは料金の数%ほどがキャバ嬢に入ります。
夜キャバの場合、お店の売れっ子になると、こうしたバックのみで毎月数十万円~数百万円を稼ぎ出します。

しかし、昼キャバはお客さんが少ないので指名回数も限られており、売上のバックも期待はできません。
ボトル料のバックは期待できますが、お客さんの懐事情などによります。
バックだけで月数十万円・数百万円を稼ぐことは非常に難しいのが実情です。
お店によってはドリンクのバックや同伴バックなどもありますが、これらを合わせても夜キャバほどは稼げないでしょう。

昼キャバを営業しているキャバクラが少ない

また、キャバクラの営業時間は基本的に夜であり、求人に関しても夜キャバが大半を占めています。
その一方で昼営業を行っているキャバクラは数が限られており、地域によってはほとんど見かけることがありません。

東京や神奈川などの都市圏や、大阪などの大都市であれば、昼キャバも少なからず見かけます。
しかし、地方都市に関しては、昼間人口の関係から昼キャバは少ないのが実情です。都市部と地方部では大きな乖離がありますので、もし本気で探すなら都市部で探すことになるでしょう。

また、昼キャバがあったとしても、そのお店がキャバ嬢を募集しているとは限りません。
特にキャバ嬢の在籍数が多いキャバクラに関しては、体験入店すら断っている可能性もあります。
もし気になる昼キャバを見つけた時は、キャバ嬢の募集をしているかなどを一度問い合わせてみると良いでしょう。

昼キャバの探し方には工夫が必要

昼に営業しているキャバクラは限られることから、探し方そのものにも工夫が必要になります。
通常の求人誌ではほとんど見かけませんので、ネットの求人サイトを中心に探したほうが良いでしょう。
求人サイトなら、様々なキャバ嬢の求人を探すことが可能です。

ただし、通常の求人サイトを利用してもキャバ嬢の求人は限られているため、できればナイトワーク専門の求人サイトで探すことをおすすめします。
夜キャバはもちろん、昼キャバの求人も扱っており、一般的な求人サイトより求人数も多めです。
逆に言えば、こうした専門サイトを使わないとなかなか求人は見つからないでしょう。

もし知り合いが昼キャバで働いている場合、お店を紹介してもらったり、紹介会社を利用する手段もあります。
いずれにせよ、自分の希望に合ったお店を見つけることが大切です。