[メリットはここ♪]心身ともに健康でいたいなら昼キャバがいいんです!

昼間に働くので体への負担が少ない

昼キャバで働くメリットは様々ありますが、特に夜キャバにはないメリットが体への影響です。
一般的な夜キャバは夜間に働くため体への負担が大きく、体調を崩すことも珍しくありません。
体力的に大変な側面もあり、健康的とは言い難いのが実情です。

しかし、昼キャバの勤務時間はお昼ごろからとなるため、夜キャバに比べて体への負担も少ないのが魅力です。
年齢などの関係から体力的に夜勤が厳しい方でも安心して働けるでしょう。
遅くとも夕方には勤務が終わりますので、通常のパート勤務と同じように健康的な生活を送ることが可能です。

昼夜逆転しないので生活リズムも健康的に

また、昼キャバで働けば昼夜逆転することがありません。夜キャバは勤務時間の関係上、どうしても昼夜が逆転しがちで、生活リズムも不健康になることがあります。
これは夜キャバで働くキャバ嬢が抱える問題でもあり、逆にそれができなければ、夜キャバの勤務が難しいことを意味します。

昼キャバはライフワークバランスを取りやすく、生活リズムが乱れることもめったにありません。
昼夜逆転生活をする必要がなくなり、健康面に配慮した生活を送れます。
夜型の方は夜キャバが向いている場合もありますが、それ以外の方は昼キャバのほうが良いと言えるでしょう。

カジュアルでノルマがない店舗が多い

昼キャバはカジュアルなデザインのお店が多く、逆に高級感を意識したお店は少なめです。
お店の雰囲気もアットホームで、居心地の良さも昼キャバならではの魅力になっています。
そのような特徴があるためか、昼キャバではノルマを求められることがほとんどありません。
一部のお店はノルマを設けてありますが、夜キャバと比べてノルマの目標自体も低くて済みます。

夜キャバでは、キャバ嬢それぞれが一定のノルマを持っているか、お店から強制される場合があります。
ノルマのために様々な工夫を凝らし、お客さんごとに営業スタイルを変えるのが定番です。
昼キャバならノルマも少なく、自分なりの接客・営業スタイルを確立しやすいというメリットがあります。

ノルマに縛られずに働ける

ノルマを課すお店がほとんど無いため、ノルマに縛られず働けることが昼キャバの強みです。
夜キャバから転向してくる方の中には、厳しいノルマが嫌で転向する方も多いです。
お店により異なるものの、ノルマを気にせずに済むことは様々な利点をもたらします。

例えば、夜キャバと比べてストレスが溜まりにくくなること。
夜キャバのノルマはキャバ嬢にとって強い負担となりますが、昼キャバならこうしたノルマによるストレスから解放され、気持ちに余裕を持って働けるようになるでしょう。
昼キャバは自分のペースで働けますので、夜キャバのようなノルマを嫌う方、ストレスなく働きたい方におすすめです。